介護・医療・癒しの資格を資料請求するならシカトル

トップページ  >  食育・食学・マクロビ 資格講座

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。
ヒューマンアカデミー【通信】
【通信】食学士講座/食学A級プログラム・食学S級プログラム
「食学」の基礎と専門課程をスモールステップで学べます

お取り寄せは無料です
講座の特徴

■ 受講スタイル


■ 特徴


■ 受験資格

こんな方におすすめ!
・食養学からおばあちゃんの知恵袋まで、幅広く「食の知識」を学びたい
・食事を通して「治したい」「変えたい」「良くなりたい」と思っている
・食学を通じて将来ビジネス、指導者レベルまで成長したい

受講料金と期間

■ 食学A級プログラム
▽料金
受講料
248,400円 (税込・教材費込)
▽期間
資料を請求してご確認ください
■ 食学S級プログラム
▽料金
受講料
248,400円 (税込・教材費込)
▽期間
資料を請求してご確認ください

お取り寄せは無料です
講座内容・PR

=食学とは「人々の健康を促す食生活の知恵」=
2005年の食育基本法成立に伴い、消費者志向でのさまざまな角度から調査・研究の結果「食育」を普及するためのキーワード、及び食文化・食生活・食の理論における智恵・学問・学術の総称を表す言葉として「食学」を定めました。日本、及び世界各地に伝わる民間療法からご家庭に代々伝わる「お婆ちゃんの智恵袋」レシピ、マクロビオティック( 英語表記:Macrobiotic )や日本古来の食養学、現代栄養学まで、全ての「食の智恵」を指し示すのが「食学」です。

食学A級プログラムの基本コンセプトは、故・石塚左玄氏(1851~1909没)が提唱した食養学と、栄養学の父と言われ、現・国立健康/栄養研究所の創設に寄与した故・佐伯矩氏(1886~1959没)が提唱した栄養三輪が元になっており、これから食学を身につける方々のための基礎プログラムとして考案したものです。

食学は、1日で効果が出るものではありません。でも、三度の食事を「食学」に基づいて変えることで、毎日、確実にあなたの願いが現実のものに近づいてくるとしたら? きっと毎日の食事が楽しく、幸せなものになるのではないでしょうか? 「食学」を初めて学ぶ方から、将来ビジネスレベルや指導者レベルまでの発展成長を求める方まで対応できるよう、柔軟に対応できる学習プログラムになっています。

=講座概要=
【食学A級プログラム】                
 ■標準学習期間:12ヶ月              
 ■在籍期間:12ヶ月                 
 ■添削回数:12回                  
 ■教材発送:一括

【食学S級プログラム】
 ■標準学習期間:12ヶ月
 ■在籍期間:12ヶ月
 ■添削回数:12回
 ■教材発送:一括



お取り寄せは無料です
開講場所
通信講座


お取り寄せは無料です
この資格を請求した人は下記資格も請求しています。
セラピスト
レクリエーション介護士 業界未経験者
福祉用具専門相談員 業界未経験者
介護職員初任者研修 業界未経験者
実務者研修 業界未経験者


お取り寄せは無料です
食育・食学・マクロビ の資格トップへ

TOPへ