介護・医療・癒しの資格を資料請求するならシカトル

トップページ  >  成年後見 資格講座

この講座は現在掲載されておりませんが、掲載されている別の講座の資料請求は行えます。
後見を学ぶ
後見人相談士研修
後見に関する相談対応方法の解説。 後見の必要度の目安、後見を使った場合の費用試算、後見以外の解決方策、後見を使う場合の適切な事務支援、後見開始後の基礎的サポート方法。 修了者には後見人相談士の資格を付与。

お取り寄せは無料です
講座の特徴

■ 受講スタイル


■ 特徴

受講料金と期間

■ 後見人相談士研修(社会人)
▽料金
受講料
26,400円 (税込)
▽期間
~1日
■ 後見人相談士研修(学生)
▽料金
受講料
13,200円 (税込)
▽期間
~1日

お取り寄せは無料です
講座内容・PR

【概要】
後見に関する相談実例への対応方法をレクチャーします。どの案件にも活用できる、「後見を使うか使わないかの目安」、「後見を使った場合の費用総額の試算」、「後見を使わずに物事を解決する方策」、「後見を使う場合の適切な事務支援」、「後見を使ってからの基礎的サポート方法」もレクチャーします。資料として、相談事例集(10件)、実際の任意後見契約書(3種類)、法定後見開始申し立て書(東京家裁)が添付されています。修了者には後見人相談士の資格が付与されます。

【内容】
●後見前
1.相談事例5件
2.後見前相談の骨子
3.後見の必要度の査定方法
4.後見総費用の査定方法
5.選択肢の提示とその理由
6.任意後見と周辺事項
7.後見制度を使わずに物事を解決する方策
8.任意後見契約締結7大ポイント
9.法定後見開始申立7大ポイント
10.後見前のまとめ
●後見後
1.相談事例5件
2.後見後相談の骨子
3.後見後の相談対応3段階
4.後見の登記事項証明書
5.情報収集/事実確認
6.家族以外の後見人がついている場合
7.後見人とうまくいかない場合の対策
8.家族の後見をしている人へ提示する選択肢
9.家裁の対応に疑問がある場合
10.後見後のまとめ
●まとめ
1.相談が来る時の全体像
2.相談者について
3.本人について

【方法】
動画視聴⇒メールでの質問⇒電話で質疑応答

【開講期間】
2021年12月1日~2022年5月31日



お取り寄せは無料です
開講場所
後見を学ぶ
〒 152-0004
東京都目黒区鷹番2-18-5
※動画視聴によるeラーニングのため、通学は必要ありません。


お取り寄せは無料です
この資格を請求した人は下記資格も請求しています。
介護職員初任者研修 業界未経験者
実務者研修 業界未経験者
ガイドヘルパー 業界未経験者
心理カウンセラー 業界未経験者


お取り寄せは無料です
成年後見 の資格トップへ

TOPへ