資格ならシカトルトップ > ホームヘルパー2級の資格ガイドへ > ホームヘルパー2級廃止の理由

ホームヘルパー2級廃止の理由

ホームヘルパー2級はいつ廃止になったのですか?

ホームヘルパー2級廃止を厚生労働省が発表し、2012年度をもって修了になりました。 2013年度からはホームヘルパー2級は、「介護職員初任者研修」として新たにスタートしました。
都道府県によって新制度への移行期間が若干異なりますが、2013年4月から順次ホームヘルパー2級から、「介護職員初任者研修」へと移行されています。

なぜホームヘルパー2級が廃止になったのですか?

これまでは、「ホームヘルパー1級」、「ホームヘルパー2級」、「介護職員基礎研修」、「介護福祉士」など、 色々な資格が存在し、様々な研修があり、その資格や研修は、各々が十分に連動していませんでした。
国家資格である「介護福祉士」の受験資格を得るまでの方法が様々あるだけでなく、複雑であったために、受験資格があるのかどうか、 また、どういうキャリアを積めば「介護福祉士」の資格取得ができるかなども、非常に分かりにくい状態だったのです。
つまり、「介護福祉士」の資格を取得する際に遠回りをしたり、学習範囲が重複したりと問題が色々あったため、 「ホームヘルパー2級」は廃止されることになったのです。今回の新制度への移行により、介護職の養成体系を整理することができ、 多様化する介護のニーズに、スムーズに対応していくことができるようになるといわれています。
介護の世界で生涯働き続けることができるという展望を持てるようにするために、 今回の改正でキャリア形成の方向性が、 「介護職員初任者研修」→「実務者研修」→「介護福祉士」→「認定介護福祉士(仮称)」または「ケアマネジャー」というように変更され、明確にわかりやすい資格取得ルートに一本化されました。
実務経験3年以上で「介護福祉士」、5年以上で「ケアマネジャー」へとステップアップすることが可能です。

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違いは何ですか?

「ホームヘルパー2級」(正式名称:訪問介護員2級養成研修)とは、訪問介護において身体介護・家事援助をするために必要な資格でした。 要介護認定を受けた高齢者や障害者のお宅を訪問して、 調理、入浴、排泄などの身体介護や生活援助など生活全般の介護サービスを提供するための資格だったのです。
これに対し「介護職員初任者研修」は、厚生労働省によると、 「在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を修得する研修とする。」 という位置づけですが、介護職の基本的な知識・技術を習得する意味においては、 「ホームヘルパー2級」と変わりはありません。
また、研修時間は「ホームヘルパー2級」が130時間、「介護職員初任者研修」も130時間となっており、総研修時間は特に変更はございませんが、 130時間の内訳が変更になりました。「ホームヘルパー2級」は、講義時間58時間、実技スクーリング42時間、施設実習30時間でしたが、 「介護職員初任者研修」は、講義時間40時間、実技スクーリング90時間となっています。違いとしては、実習がなくなった分、 実技の時間数が増え、終了時に1時間程度の筆記検定が行われることになりました。

3つの主な変更点
1、実技時間・・・ホームヘルパー2級よりも介護職員初任者研修の方が増えています。
2、施設実習・・・ホームヘルパー2級:【30時間の実習必須】→介護職員初任者研修:【任意】に変更になりました。
3、修了評価試験・・・ホームヘルパー2級:【なし】→介護職員初任者研修:【あり】に変更になりました。
万が一、修了試験で不合格になった場合は、補講などで復習して何度でもトライできるので安心です。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)

ホームヘルパー2級を以前取得しましたが新たに
介護職員初任者研修を取得しないといけませんか?

ホームヘルパー2級の資格は、無駄になってしまうわけではありません。ホームヘルパー2級の資格を持っている方は、 2013年4月1日以降、介護職員初任者研修の修了者として見なされます。
そのため、改めて取得をしなくても大丈夫です。以前ホームヘルパー2級を取得された方は そのまま働くことが可能です。
ホームヘルパー2級を履歴書などに書く場合の正式名称は、「訪問介護員2級養成研修課程修了」となります。
新しく、介護職員初任者研修を取得した場合、履歴書等には「介護職員初任者研修課程修了」と記載することになります。


介護職員初任者研修は全国で通用しますか?

はい。修了試験合格後に発行される修了証明書は、厚生労働省の規定に添ったカリキュラムを修了したことを証明するものでありますので、 転勤などで引っ越した場合でも、全国どこでもこれまでと同様に働くことが可能です。
また実務経験も同様に、加算いていくことができます。
更に、有効期限や更新の必要もありませんので、一生涯有効な点も魅力の一つです。

ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)の勤務スタイルは?

介護職はシフト制勤務がとても多いのですが、デイサービスや訪問入浴といったサービスでは、ある程度時間が固定されているところもあります。
働き方も、正社員に限らず、 パート、アルバイトなど様々なため、自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を選ぶことができます。
特別養護老人ホームなどの入所介護型施設では、夜勤専従や早朝勤務などもあり、様々な勤務スタイルが存在することで、時間帯によっては、時給やお給料がUPすることも、 ホームヘルパー2級(現・介護職員初任者研修)の魅力でもあります。
また、土日祝日や年末年始にはしっかり休みたい、夜勤はできないといった方には、 デイサービスなどの在宅介護型施設での勤務もオススメです。お盆休みは無く、夏季休暇を交代で取るスタイルが多いようですが、営業時間が限られているので、早出、遅出等もない働き方が選択できます。

  • 資料を請求する(無料)
  • 資料を請求する(無料)